ホームページをリニューアル致しました。※アドレスも変更になっております

小樽シオン教会

教会紹介
  • 住所 〒047-0033 北海道小樽市富岡1-2-1
  • TEL 0134-32-7758
  • FAX 0134-32-7768
  • 交通 JR函館本線小樽駅から徒歩5分 (稲穂小学校前、JR線路脇)
  • 牧師 髙田昌和

集会案内

  • 朝礼拝
    • 毎週日曜日 午前10時30分から
  • 祈祷会
    • 毎週水曜日 午後7時から
  • 日曜学校
    • 毎週日曜日 午前9時から
  • 聖書教室
    • 毎週日曜日 午前9時40分から
  • 銭函・桂岡集会
    • 毎月第2火曜日 午後1時30分から

ロース幼稚園のご案内

学校法人 小樽シオン学園 ロース幼稚園

本園は、教育基本法の精神を尊重し、キリスト教信仰に基づいて、子どもたちを神からゆだねられた かけがいのない人格として受けとめ、ひとりひとりの個性を大切にして保育を行っています。

沿革

伝道開始——-1892年 2月11日   
教会建設——-1903年3月20日
現会堂献堂—–1950年10月 1日

 1892年2月、米国長老派ミッションの援助を受け、栗原宗治伝道師が派遣され、手宮町石山下の商店2階を借り受け講義所を開設。翌年、静岡より光小太郎牧師が着任。最初の会堂を1897年、稲穂町西8丁目に建築、定まった場所での伝道態勢が出来た。北海道中会が設立された1903年には、独立教会として日本基督教会に加わった。


 教会早創の時代24年にわたって活躍した光牧師健康不調のために辞任。渡辺重右衞門(在任1年)、西健二(在任4年)、村岸清彦(在任8年)牧師らが奉仕の後、1931年近藤治義牧師着任。満州事変に始まる日中15年戦争、そして1941年からの太平洋戦争という困難な時期を経、戦後のキリスト教ブーム時代、経済成長による繁栄の時代など、全く異なる社会状況下、困難な中にも一貫して神の言葉を語り続ける教会の姿勢がそこにはあった。近藤牧師は戦後の日本基督教団からの離脱、新日本基督教会結成発足に積極的に関わり、北海道中会を支え、かつ個人誌「ことば」による文書伝道と教会形成に忠実に仕えられた。1976年には、秦利器牧師を迎え、御言葉に忠実に聞く教会として成長した。日曜学校校舎建築、幼稚園園舎新築、1992年の教会伝道開始百年記念行事など、転機の時代内外の整備に力を注がれた秦牧師を苫小牧教会へ送り出した。


 1996年には、北村一幸牧師を旭川教会から迎え、第2世紀が始まった。教会併設のロース幼稚園創立百年の年、1997年、不思議な神の計らいにより、創立者ミス クララ・ロースの出身教会米国東部エルマイラ第1長老教会との関係が開け、その交わりが今日も継続されている。2002年小樽シオン教会は、伝道開始110年を記念して、会堂前に木製十字架を建設し、人々の罪の贖いと復活の希望を満たす福音の知らせを改めて高く掲げ続けている。2017年は教会伝道開始125年、併設幼稚園は創立120年の年であり、各々の歴史の重みを覚える年となった。 2019年4月から髙田昌和牧師が赴任した。